前へ
次へ

労働相談の時に役立つパワハラの定義とは

労働者のスタイルは色々ありますが、多くのスタイルで上司と部下の関係が発生しているケースがあります。良心的な上司であれば、部下も安心して仕事を覚えていけますが、おかしな方に当たってしまうと、不幸な事になってしまいます。職場で問題になるハラスメントは色々な種類がありますが、パワハラは特に被害者の心に深刻な傷を残してしまいますから、早期に解決する事が大切です。解決の為には労働相談が役立ちますが、被害を受けている方は、そもそものパワハラの定義を知らないケースがあり、仕事ができない自分が悪いと、労働相談を頼らないリスクがあります。そんなリスクを防ぐ為にもパワハラの定義を知っておくと便利です。簡単な定義は職場上の地位や人間関係等の優位性を利用して、適正な範囲を超えて、精神的や肉体的苦痛を与えている事が該当します。つまり上司が適正な範囲を超えた暴言等で部下を苦しめる事は、許されない行為ですから、労働相談で暴言の内容を告げれば、適切なアドバイスをして貰えます。

Page Top