前へ
次へ

労働相談をしても良いと感じられた内容

中小企業の会社員をやっていると、様々な経験をすることがあります。実際に起こりえた話としては、自分自身の事ではありませんが、同僚が労働相談をしても問題ないと感じるような体験をしました。それは、1週間以上休みがなく精神的に圧迫されるような仕事です。少しだけでも数字が悪いと上司に怒られて、しかも休みがないと言う状態が長く続いている場合には、労働相談をしても良いと感じられます。具体的には、毎日営業をして数字があげられないからといって、日曜日すらつぶしてしまうような場合があります。この場合には、本人の力の問題はありますが、数字があげられないならば1週間以上休みなしにする状態が続くとすれば、立派な労働問題でしょう。そのような待遇を受けた人が、結果的にうつ病になってしまい仕事に来ることができなくなりました。もし、実際にこのような事例があるとすれば、積極的に弁護士などに相談をしてみると良いかもしれません。

Page Top