前へ
次へ

強制力のある労働相談は、弁護士での対応で

労働相談の悩みは、自治体や労働監督署などで話を受け持っています。ただし、その内容の多くが、企業に対して是正や注意監督などの内容です。労働相談で強制力を求めるのであれば、弁護士に相談するのが望ましく、法律を使って対応してくれるでしょう。一般的に弁護士費用は、20万円から40万円、それに加え、企業から請求した15%ほどの費用です。未払いにおける残業代の請求であれば、費用以上の請求も可能であり、手元にプラスとして残る場合もあるでしょう。労働相談の中には、パワハラによる悩みなどもあるかもしれません。パワハラによってうつ病を患えば、退職を余儀なくされ、収入でも苦しんでしまう可能性も考えられるはずです。弁護士の力によって解決すれば、その心配に合わずに済む話であり、健康な心身を取り戻せるメリットもあります。労働相談の多くがストレスを抱えている状況でもあり、ストレス解放を求めて利用するのもお勧めです。弁護士事務所の中には、内容について話を伺うのに無料相談で対応している事務所も多くあり、解決できる可能性を知るために足を運ぶと良いでしょう。

Page Top